2017年11月05日

仕事の「生産性」はドイツ人に学べ 隅田 貫

最近流行りの働き方改革の流れで手にした本。
生産性は何か、ドイツ人の生産性が高いのってEUに加盟している恩恵では?と考えて手に取ってみたが、それらについての答えは記載していなかった。

どちらかというと日本人とドイツ人の価値観の違いに重きを置いてストーリーが展開されている。
休日を大切にするドイツ人、家族を大切にするドイツ人に対して、お客様を大切にする日本人、職場の空気を大切にする日本人。
あまり目新しさはなかったが、改めてそれぞれの価値観を体系的に把握することができる。

posted by ジン at 21:50| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図で考える。シンプルになる。 櫻田潤

どちらかというと、若手向けのビジネス指南書。
物事を考えるときは図で考え、その際のフレームワークをさまざま提供している。
ツリー図、深掘り図、ピラミッド図、重なり図、段取り図、比較図など。
posted by ジン at 21:45| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

努力したら負け。努力不要論 中野信子

タイトルだけを見ると努力を全て否定する内容に思われるが、ただ滅私奉公のように無駄に努力するのは不要という考えで、目的が設定され、戦略を策定し、それを実行するという努力は重要という論説。
どちらかというと、不都合な真実のように生まれつきに備わった素質は変えられないという論説が続くとおもったが、わりと正論をついていて驚いたというか拍子抜けした。

特殊なIQを持つ著者であるため、奇抜な論説を期待していた面があった。

最近はバラエティーやニュース番組に出ている解説者であるが、そういったところで得たと思われる芸能人に関する持論も記載されている。
posted by ジン at 21:08| Comment(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする